人気ブログランキング | 話題のタグを見る

下肢静脈瘤 術後1年経過・・・




下肢静脈瘤で血管の手術を受けてから1年が経過しました。




その後の経過です、備忘録ですね。

足の見た目、キモイボコボコの血管は治まり、浮腫みなんかも治まった。
日常生活で起きていた嫌な症状も改善された。
※ちょっと残っている

この日常生活における症状が改善されたのはとにかく助かった。
不快感MAXだし、結構地味にしんどかったし
寝る時、通勤時、仕事中...etc



そして2021シーズンイン

春先、解禁当初は帰路運転している最中足に痺れが出た、これちょっと焦ったのです。
初めての症状でした。結構しっかりとした痺れで、車止めて足の状態確認したぐらいです。
これは、手術の副作用か?
調べたけど分かりません(^^ゞ


3月4月の3回の釣行では毎回症状が出たのだが、どうしたもんか? と思っていた。
普通病院に行って確認するよね?
でも、病院には行かないのが自分です。
緊急事態宣言で自粛生活へと・・・

その間、日常生活や散歩程度では全く症状は出ない。


2度目の解禁となった7月下旬、結構歩いたのですが、春先に出た痺れの症状は出ず一安心。
翌週も歩いたけど、同様に症状は出ず!
と言う事で、ひとまずこの件はOKかなと勝手に解釈。



なにより、感じたこと。

登りの斜面だと早々に足が重くなったりしていたのが、疲労感を感じるのが遅くなった。
血液の循環によるところなのだろうか?
酸素がキチンと運ばれるとこうも違うのか?
終盤の疲労感も少し違うと思う。


それからそれから

歩いた釣行から帰宅後、数日間は疲労感満載な事が多いのに、回復が早くなったと思う。
良く歩いたあとは、とにかく下半身重くなる。(帰宅後、二日後ぐらいからね)
数日は下半身の重たさやだるさと言うのが抜けなかったのに、そこが改善されたように感じ驚いた。
これ、日常的な症状改善以外では一番変化を感じられたかも。

2021年シーズンは回数激減だが、後半の3回はとにかく歩くようにしたが
翌日はもちろん帰宅後の疲労感が昨年度までとは違う事が実感出来た。
これも、やはり血液の廻りによるものだという事なのか?
はたまた、たまたまなのか?


ハードな釣行で終盤の終盤、もう限界っす!
と言うのは変わらんだろうね。
延々と続く急登で早々に足が使い物にならなくなっていたのが少しでも改善されてくれたら嬉しい!!

筋肉付けろ!!
全集中の呼吸で肺を鍛えろ!!
とか云わないように。


昨年手術したのは右足でした。
左足の膝裏の弁も少々バグっててエコーで確認したところ若干の逆流が見られたので
将来的には左足もやっちゃった方が良いのかもしれん。
一度経験しているから大分気が楽です。
とは言え、術後血栓が出来れば危険な事にも繋がるので、出来れば手術は避けたい。



釣り仲間では比較的歩ける方だと思う
同世代でも動ける方だと思う
でも最近は、アチコチガタがきているのは事実です。
まだまだ歩く釣りをしていたいですからね!!



あっ・・・
まぁ、例のスーパーサイヤ人との釣行においては
その効果は焼け石に水程度でしょうね(^^ゞ
今年はチャンスが無かったので来年ですが、あまり期待しない方が良いと思う。
なんせ、普通じゃないから(・_・;)






Commented by omike at 2021-10-09 19:37 x
サイヤ人と釣行できれば、ノープロブレムですね♪♪
新生とくいち、今シーズンのリハビリを経て、来シーズンは
完全復活でしょう(^з^)-☆
Commented by とくいち at 2021-10-10 00:47 x
omikeさん
サイヤ人相てに”ノープロブレム”と言うには
サイボーグになるしかありません!!
リハビリ頑張ります!
Commented by kanata95 at 2021-10-10 15:47
50を過ぎるとだんだんあちこちに支障がでてきますね。
僕も結局ぎっくり腰が治らず、シーズン終了してしまいました。
お互い養生しましょう。
Commented by とくいち at 2021-10-10 16:42 x
ぼっくりさん
そちらの腰はクセになってるかもしれませんね。
お互い困ったものです(^^ゞ
首は来シーズンまでに完治を目指します!
新たに他が出たりして・・・( ̄▽ ̄;)
by FF-Tokuichi | 2021-10-09 10:04 | 雑記 | Comments(4)

フライフィッシングにまつわる・・・あれこれ。


by とくいち