人気ブログランキング |

回顧録 2006年~2007年


回顧録

今回は2006年~2007年を振り返りたいと思います。


今回も長文になりますが、どうぞお付き合いください。




■2006
竜華池の初詣からスタートです。

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14480141.jpg
この人何やってんでしょうね・・・(汗



初日が3月10日!! でも天候悪く断念(汗
仕切り直しの解禁が4月末の山梨
まぁそんな感じですね。

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14500925.jpg
回顧録 2006年~2007年_c0220175_14500832.jpg

5月には最愛の祖母が他界
6月から7月はサッカーWCで寝不足が続く・・

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14500856.jpg
この年は丹沢は一度も足を運ばず、より一層山梨の開拓に励んでいました。





きんさんと行った山梨の渓は、そう言えばその後は数年後に1度行ったきりだったなか。
久しぶりに行ってみるか!?

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14485169.jpg



更に、きんさんに案内頂いた長野のヤマトの渓

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14491184.jpg
回顧録 2006年~2007年_c0220175_14491188.jpg

ココは今では林道が遥か手前で通行止めで行けなくなった、ヤマト達はどうしているだろう?




東北遠征です、もちろん一人ですが走行距離が2215km、良く走った!!
回顧録 2006年~2007年_c0220175_14512091.jpg
とにかく開拓・開拓・開拓です。
外してもよいのでとにかく引き出しを増やすこと!

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14512064.jpg
回顧録 2006年~2007年_c0220175_14512042.jpg

とは言え、レポ見ると良く回ったなぁ~と自分でも関心するぐらいの支流を巡っていた。

前年よりもだいぶ場慣れしていたかな、関東とはやっぱり違う、前年はその違いを良く分かってなかった。
狙うポイントもそうだし、いろいろ違うのをちょっと理解した年です。

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14512075.jpg

サイズアップするも泣尺とまり、でも思いっきり堪能!! 満足感◎な遠征でしたね。

あっ、この年はクボタロッジさんを初めて利用し1日だけガイドを依頼したのもこの年でした。
この年からベアスプレー携帯です!

 
長野に移住していたjunを訪ねたのもこの年。
学生時代スキーで良く訪れた蓼科周辺の渓で初めてフライで遊ぶ、少し感慨深いものがあったっけな。


もちろん恒例キャンプもね!

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14520219.jpg

 
釣行日数 16日




■2007
この年ぐらいから解禁は3月末になりつつあったかな・・・(汗
年度末だし寒いしって事でね。

伊豆ではこのお二人と相変わらずな感じで楽しみました。
hideさん、fuumarさんです。
二人とも若い!

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14525828.jpg
回顧録 2006年~2007年_c0220175_14525825.jpg


そして、何と言っても開拓に励んでいた山梨の水系で尺に出逢えたこと!!

何年掛かった???

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14531684.jpg
まぁ素人としては上出来でしょ!!
そりゃもう興奮したわけです。

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14533127.jpg



山梨を中心に長野へも! という感じだったが
初めて新潟へ繰り出した、あきもえさんとだ!

そこで、鉄砲水を経験

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14534368.jpg

判断があと1分でも遅かったら完全にアウトだっただろう。
間違いなく今こうしていられない、そんな状態でした。

上流で降った雨が一気に押し寄せる鉄砲水と言うのを初めて経験したのです。
足首ぐらいの水深だったのに一瞬で背丈を超える水の壁が押し寄せる恐怖。

この時から自分がいる場所の天気だけではなく、上流域の天気を常に注意するようになった。


長野ではブルックと初対面を果たします。
遠い昔放流し自然繁殖したようだが、滅多に釣り人が入らない支流でひっそりと暮らしている。
そりゃ入れ食いになるわけです。




東北遠征では待望の尺とご対面です!

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14541068.jpg
回顧録 2006年~2007年_c0220175_14540984.jpg

もうね、この時は叫んだのよ。

一人で遠い東北に通い続け結果が出た瞬間ですよ。
いろんな人にお世話になった事への感謝も大きかったなぁ~~

この年も開拓をメインとし、初めての渓で出逢った尺です。
一生忘れない!!

この日の温泉が格別なものだったことは言うまでもない!


回顧録 2006年~2007年_c0220175_14542327.jpg

でもね、この渓、今では見る影もなく、その姿は変わり果ててしまっています。
災害ではなく、人の手によるものだから余計に悲しくなります。

豊かな自然は破壊され見るも無残な状態でした、その光景を目の当たりにした時の辛さは
なんて表現して良いか分かりません。

それと、自分が釣った7寸ぐらいのに襲い掛かった怪獣
7寸が稚魚に見えるぐらいの怪獣に手が震えた・・・

その怪獣とは一緒目が合った、うろたえるのは人間でアイツは全く動揺するそぶりも見せず
堂々と俺の獲物にロックオンしていた。完全に敗北です。
「アイツ釣りたい!」 よりも「あんなの釣れない!」がその時正直思った、そのぐらい凄かったな。

釣り師が良く言うセリフ「昔は良かった!」ってありますよね。

本当にこの頃通っていた岩手の渓は凄かったと思う。
俺みたいな素人でもボコボコ釣れてたわけだし、もう戻らないと思うと寂しいですよね。



この年に初めてアミノバイタルを試しました。
今では欠かせない相棒となっています(笑

この年は台風9号で丹沢は甚大な被害に見舞われていた。
あの時の事は少し覚えているが、2019年の台風19号はそれ以上の猛威を振るったと思います。


この年は残念ながらいつものメンバーでキャンプには行けず・・・
みんなそれぞれいろいろな事情を抱え、都合がつかなくなっていたね。
裏丹日帰りで我慢しちゃったけど、無理してでも行けば良かったなって後で思う。

回顧録 2006年~2007年_c0220175_14553298.jpg

 
釣行日数 18日
 




2006年ぐらいからド素人から素人に少し成長したな! って感じるようになりました。

それまでの面白さとは変わってきたのもこの頃だったと思います。

少しづつ、どうすれば釣れるのかが分かり始めたころで、釣り方にも変化が生まれてきた頃だと思います。
とは言えチビ専である事に変わりはなかったようですね。

30代後半、仕事中心で激務をこなしながらも、良くもまぁアチコチ出撃したと思います。

2007年は特に思い出深い年だったと思います。

写真を見てその時を鮮明に想い出します。貴重な経験、後々とても自分を成長させてくれる経験が多かったと思います。
アミノバイタルはなんと2007年から頼ってたのには我ながら爆笑です。
体力うんぬんと言うよりも、とにかく睡眠不足だし常に疲労状態だったからね。

この頃から写真も少し楽しくなっていたかな。
まぁあくまでも”普通”の写真ですけどね(汗


回顧録は次回が最後となります。
もう少しお付き合いお願いします。




Commented by omike at 2020-03-07 22:58 x
自分は、もっと前からアミノバイタリアン(^^;)!
今年も120包入りを買ってあります♪♪
でも筋肉痛以前に、体力が減退していて、渓を楽しめる
のも、いつまでなのやら……(>_<)。
Commented by tabi-kinako at 2020-03-08 09:26
とくちゃんのFFの歴史。
知り合ってからそんなに経たないので
とても興味深く読ませていただきました。
私くらいの齢になると、一期一会の出会いや時間が
とても貴重になるのを実感しています。
(必要ない人や時間もあるけどw)

特に、好きな人たちとは会えるタイミングは外せないと
痛感しきり。
なので、今年もシーズンイン・アウト関係なしに
よろしくね♪
Commented by とくいち at 2020-03-08 14:30 x
omikeさん
アミノバイタル欠かせませんよね。
体力減退の加速が止まりません(^^ゞ
ほんと、少しでも長く渓を歩きたいものです。
omikeさんは・・・
スイーツを少し控えると違う気がしますが(爆
Commented by とくいち at 2020-03-08 14:33 x
tabiさん
まさに一期一会ですね。
大切な人との出会いは人生をとても充実感で満たしてくれます。
こちらこそお願いしますm(__)m
例のブツ、ようやく仕上げに入ります!!
Commented by きん at 2020-03-11 12:24 x
今年は暖かいから、回顧録は解禁前には終わらせて、
とっとと釣りに行くのかなと思ってました~!。

一枚目は、氷山に乗って沖に出て船釣りしたいんだと(笑)。
Commented by とくいち at 2020-03-11 20:40 x
きんさん
暖かいですよね!
解禁からドライで楽しんでる方多いだろうね。
こちらは仕事でそれどころじゃなく(・・;)

泳げない人が良くやるなぁ〜と思いつつも
割れろ!って念じてました(^ ^)/
by FF-Tokuichi | 2020-03-07 15:05 | Diary | Comments(6)

フライフィッシングにまつわる・・・あれこれ。


by とくいち