人気ブログランキング |

回顧録 2000年~2003年




本家HPは2000年5月に開始、記録として残してあるのは1999年からあります。


本家は今年の5月で20年!!



一度ここらで振り返ってみるのも良いかなと。


回顧録と言うか、自分史かな。
今ではフライフィッシングがライフスタイルの一部となり
フライフィッシングがない生活は考えられないぐらい
自分の人生に深く入り込んでいます。



今回振り返るのは現在の本家にアップしていない2009年までとし

4回に分けて振り返りたいと思います。



まずは第一回として2000年から2003年の4年間です。

少し長文になりますが、ご了承ください。




■2000年

回顧録 2000年~2003年_c0220175_17042320.jpg

自分で巻いたフライで初めて釣った魚。(※一般河川ね)
道志川でカディスで釣った山女です。

この時のフライは今でも保存してあります。
その数年後には道志川にC&R区間ができ、人が増え、と同時に足が遠のいたのを記憶してます。

当然何処に行けばいいか分からないし誰かに教わるわけでもなく
いろんな事が全て手探りです。

手探りだからこそ、その経験は後々役に立ちます。


回顧録 2000年~2003年_c0220175_17042314.jpg

初めて山梨のこの地を訪れ出会った天女魚

というか天女魚自体が初めてで、天女魚のこと自体良く分かってなかったな。

この時はこのエリアが自分にとってホームになるなんて思ってもいなかったしね。
そして、なんと言ってもこの地では沢山の方との出逢いもありました。それは追々。



回顧録 2000年~2003年_c0220175_17042375.jpg
回顧録 2000年~2003年_c0220175_17042425.jpg

初めて訪れた山形県寒河江

C&Rが徹底されていて驚くサイズの虹鱒を目の当たりにし衝撃を受けたのを今でも覚えています。
自然繁殖した虹鱒以外に山女と岩魚にも出会えました。

C&R以外の区間も楽しみましたよ、支流に入り熊に怯えながらやったのを鮮明に覚えています。
この後も何年か通い続けたのだが、その際毎回お世話になった朝日山の家です。


初めて丹沢へ

自宅から1時間から1時間半で行ける丹沢がこれほど谷が深いとこだとは全く知らず
さらに、仕事が激務だった事もあり体調も整っておらず、まともに釣りせず早々に退散した苦い記憶。

この年はまだ一般河川と管釣り半々ぐらいだったようです。
とは言え、仕事が激務だった時期であり、年間でもそれほど通えなかった時期でもあります。


釣行回数 10日



■2001年

3月から気合入れて活動!!

山梨メインです。
ソロでアチコチ行き始めたのはこの年ぐらいかな。
山梨は峡北と峡東、そして初めて長野にも遠征しました。

回顧録 2000年~2003年_c0220175_17070923.jpg
回顧録 2000年~2003年_c0220175_17071045.jpg

太田さんとの山梨巡りはこの年から始まったのです。
太田さんとの出会いは、自分のフライ人生においてとても大きな出来事でした。

見るものすべてが新鮮で毎回新たな発見がありました。
惜しげもなくレクチャー頂いた事本当に感謝しています。

釣りのスタイルが少し違ってきたことやいろいろあって、今では連絡をとることもなくなりましたが
一時期は本当に入り浸りでしたね。

そして、kitaさんと出会ったのもこの年の山梨でしたね。

kitaさんはランディングネットのビルダーでもあり
自分が愛してやまないshizukuネットの製作者です。
当時まだド素人だった自分に親切に接して頂いた初対面の日の事、嬉しかったな。


全く情報がないなか、良くもまぁ行動出来たと思います。

『ボ』は無かったけど、当然可愛いサイズを何とかっていう釣果でした。

チビ専であることは今でも変わらないけどね(汗
でもね、めちゃ興奮したのです。


とは言え、サラリーマン24h戦えますか?的な生活を送っていた時期です。
それでもフライフィッシングの楽しさにどっぷり浸かってしまった感が強いです。

6月に初めて福島の渓を訪れた。
それも日帰りです、若かったなぁ~~


回顧録 2000年~2003年_c0220175_17083178.jpg

8月に寒河江で人生で一番大きい虹に出会う事が出来た。
ソロでの遠征だったけど、一人で大騒ぎ、感動したなぁ~!



回顧録 2000年~2003年_c0220175_17084760.jpg

9月初には人生初めての南アでのオフ会!!

ボンバーヘッドが俺っす(笑

当時はまだ一般車両が広河原まで行けたのです。

ルートを間違え、芦安側から登らず、早川側から行き、延々と続く荒れたボコボコの林道に
ビビりながら、当時乗っていたUSアコードワゴンは泥だらけになり無事着いた時には結構ヘトヘトでした。

エキスパート揃いの中、ド素人は自分ひとり(汗
太田さん、hideさん、kitaさん、あきもえさん、G-SKIPさん

そして、この時運命の出逢いがありました。

きんさんです。

この時、初めてきんさんと会い、初めて一緒に釣り上がり、今現在までお付き合い頂いてます。

その頃のきんさんは既にフライ歴も長く、アチコチ釣り歩いていた。
既にスーパーサイヤ人として覚醒していたのです。


自分はまだ毛の生えたばかりの初心者、吊り合う訳もなくご迷惑をお掛けしたわけです。
自分のフライ人生で最も影響を受けたのは間違いなくきんさんです。
今更ですが、危険な思いをしたのもきんさんと一緒の時がダントツです(汗


回顧録 2000年~2003年_c0220175_17095249.jpg

そして、更に、写真には写ってないけど
omikeさんともココで出逢ってからお付き合いが始まったのです。
はじめまして! は伊豆だと思ってた(汗


釣行回数 14日




■2002年

回顧録 2000年~2003年_c0220175_17102545.jpg

この年から年明け早々に初詣と称し山梨の竜華池での釣り始めが恒例となりました。
※髪型が普通になってる(笑

ココでロールキャスト鍛えられたのです、ロールキャストでかなり飛ばさないと戦いにならないのです。

後に出逢う名キャスターがいたので、見様見真似です。
このころからキャスティングをもう一度ちゃんとやらないかんな!
って痛感し、オフにはキャス錬なんかするようになったなぁ~
タナ下が3mとか4mあるような釣りでの繊細なアタリをとる釣りにもハマった釣り場です。


回顧録 2000年~2003年_c0220175_17113935.jpg

春先にはhideさんに伊豆を案内頂き、それからずっと毎年のように春の伊豆シリーズが確立されたのです。

kitaさん作のランディングネット「shizuku」のデビューもこの年の伊豆でしたね。
なんと3月2日です!!

それに、omikeさんとのお好み焼オフもこの年。

それ以外は山梨に集中し、とにかく山梨を開拓した年です。
山梨でもなんと3月17日から、気合十分って感じですね!

そして初めての千曲、この時はkitaさんとあきもえさんです。

山梨では初めてヤマトを釣りました。
ヤマト岩魚の存在を知ったのもこの時です。

回顧録 2000年~2003年_c0220175_17122206.jpg
回顧録 2000年~2003年_c0220175_17122247.jpg

なんと、この年のラストは6月29日・・・
激務でそれどころではなく(汗
 

釣行回数 12日




■2003年

回顧録 2000年~2003年_c0220175_17124637.jpg

3月の伊豆からスタートです。

この時は午後からhideさんが合流し楽しい時間を過ごす。

回顧録 2000年~2003年_c0220175_17133357.jpg

慢性的な寝不足と疲労
帰宅は毎日夜中、年中タクシーで帰宅

欧州時間、米時間、日本時間で働くって無理あるよね。
でもやれてた! 滅茶苦茶でしたね(笑

それでも行ける時に行く!
確か、行ったは良いけど、とても釣り出来る状態ではなく車の中で休んで帰った時もあったよな(汗

そして、この年からは丹沢のアチコチ開拓が始まったのです。

回顧録 2000年~2003年_c0220175_17131840.jpg

当然情報ないので地図と睨めっこしエリアを決め端から順番に潰す作戦、だから数年掛かるわけです(汗


きんさんに案内して頂いた箱根の渓、更に久しぶりの芦ノ湖。
記録だと、ボーズ食らったのはたぶんココだけかも(汗

車で良く走っていた道の近くだったので、とても驚いたのがあそこの印象です。
ちゃんとリベンジ果たしてますけどね。

きんさんと一緒なので当然里川じゃないよ(笑
その釣行が6月1日・・・


以降はとても釣りに行ける状態ではなくなりました。

確か、この後は仕事の出張でデンマークとイギリスに3か月近くいたと思います。
帰国後も休む間もなくお仕事だったし(汗

今では考えられないけど月の労働時間が400hを超えるのも珍しくなかった。
今なら完全アウトですよね。

確か29歳~36歳ぐらいまでは平均300h以上は毎月普通に働いてました。
1日36hぐらいな感覚です(笑

でも、なんとか10月初に丹沢へ。
そう丹沢は10月中まで可能なのです!!



釣行回数 10日

 



フライフィッシングの楽しさが少しづつ分かってきた頃です。

まだ自分の中で確立されたものはない、ヘタクソなりに楽しみ、とにかく熱くなりかけてました。

我流も我流、ヘタクソなド素人からなかなか成長せずも楽しんでいたはずです。

自分で考え工夫する、手探り感満載だが、それも楽しい!

いろんな方の釣りを観察し勉強させていただく!

何が正解かも分からないがそれも楽しさの一つ、ちょっとした結果が満足感に繋がる!

フィッシング、キャスティング、タイイング、フライフィッシングの3大要素全部素人であったが

楽しんでいたのは間違いない!!


仕事中心な生活の中で、自然の中に身を置くことの大切さも少し感じ始めていたころです。

だからこそ、自然のこと、山のこと、川のこと、魚のこと、虫のこと、動物のこと、

もっといろいろ学ぶ必要があると思いはじめ勉強を始めたのもこの頃からです。


この頃の自分、めっちゃ若い!! (当然か・・)






Commented by きん at 2020-01-20 19:23 x
あの髪型で普通の社会人とは、ちょっと考えられません(笑)

南アのあの時、あの人たちの中では僕もシロート同然
でしたよ~。
体力だけは自信ありましたけど(汗!



Commented by とくいち at 2020-01-20 21:28 x
きんさん
確かにサラリーマンとしては普通じゃなかったなσ(^_^;)
でも、1日フルに釣りして、翌日北岳ピストンするあなたはもっと普通じゃないっす!(◎_◎;)
既にスーパーサイヤ人として覚醒していたわけです!
Commented by omike at 2020-01-21 12:46 x
振り返りなんてして、やめちゃう人みたいじゃないですか?!
まだまだ変わらず続けて下さいね♪♪
伊豆のお好み焼きオフもまたやりましょうね(^0^)
きんさん混ぜて、エギング&フライで??
Commented by とくいち at 2020-01-21 16:48 x
omikeさん
本家にないレポですから、振り返るといろいろ面白いです。
あと3回振り返ると思います!
エギでテトラ踏み外さないよう注意してくださいね〜
by FF-Tokuichi | 2020-01-18 17:35 | Diary | Comments(4)

フライフィッシングにまつわる・・・あれこれ。


by とくいち